>

あなたにおくる最後の言葉

弔辞など故人に向けた言葉を集めました

ペレ氏、ロナウド氏からマラドーナ氏への追悼メッセージ

 

ディエゴ・マラドーナ氏が2020年11月25日、60歳で他界した。フットボール界の著名な各氏からの追悼のメッセージをまとめた。(順不同)

 

f:id:bakoji:20201127233454j:plain

 

ペレ氏

「なんて悲しいニュースだ。私は偉大な友人を失い、世界はレジェンドを失った。語られるべきことはまだ多くあるが、今は神が家族に力を与えてくれますように。いつか、空の上で一緒にサッカーができることを願っている」

 

ローター・マテウス氏

「彼との対戦はいつも挑戦だった。人生の半分は彼と一緒で、私にとって最高の対戦相手だった。60歳で亡くなるなんてあまりに早すぎる。その知らせにとても悲しくなる。最高速のときでさえ、いつだってボールは彼のしもべだった。今日ではメッシでしか見られないかもしれないが。彼にボールを渡さないようにするのが最善の策だった」

 

リオネル・メッシ氏

「すべてのアルゼンチン人とサッカー界にとって、とても悲しい日だ。彼は僕たちをを残していくが去ることはない。ディエゴは永遠だからだ。彼と過ごした素晴らしい瞬間のすべてを忘れることなく、彼の家族、友人のすべてに哀悼を捧げる」

 

クリスティアーノ・ロナウド氏

「今日、私は友人の1人に別れを告げ、世界も不滅の天才に別れを告げる。歴代最高の選手の1人だ。並ぶ者のいないマジシャン。早く行き過ぎたが、限りない伝説と埋め合わせることのできない喪失感を残している。名手よ、安らかに眠ってほしい。決して忘れられることはないだろう」


ロベルト・バッジョ氏

「マラドーナは偉大なるサッカーを描いた。わたしたちが何世紀もルーブル美術館でレオナルド・ダ・ヴィンチのモナ・リザを称賛できているように、これからの世代はディエゴがそのサッカーで描けたことを称賛していくだろう。それはこれから何世紀にもわたって残る。これがひとりの人間の偉大さを決めるのだ。まだ1990年ワールドカップ準決勝や、数々のピッチでの対戦を覚えている。ディエゴ、良い旅を。永遠なる穏やかな光の旅に、ボールを持っていくことを忘れないでくれ」

 

ジーコ氏

「彼はオールスターズのゲームを盛り上げてくれた大親友で、一緒にプレーする喜びを与えてくれた。サッカーと、私たちの友情のためにしてくれたすべてのことに感謝している。どうか安らかに。神のご加護があなたの家族を癒やしてくれますように」

 

ドラガン・ストイコビッチ氏

「最も大きなものをなくした。彼はサッカーシューズを履いた魔法使い。自分にとっては心の支えで、まさに神だった。地球上に彼を嫌うサッカーファンはいなかったと思う」

 

ジネディーヌ・ジダン氏

「世界全体にとって、とりわけサッカー界にとって大きな損失だ。彼が1986年に見せたプレーを覚えている。私はまだ14歳だった。今日起きたことを悲しく思う。それ以上の言葉は出てこない」

 

デビッド・ベッカム氏

「アルゼンチンにとってもサッカー界にとっても悲しい日…彼は情熱を持ってプレーした純粋な天才に他ならなかった。ディエゴと会えてとても興奮したことを覚えている。私たちは皆、彼を恋しく思っている。安らかに」

 

デル・ピエロ氏

「あの美技は、発想力と創造性の爆発として、サッカーを観る者にとっての最高のものだ。彼こそが背番号10の神だった。すべてをやることができ、それまで見たこともないことをわたしたちに見せてくれた」

 

三浦知良氏

「あなたがフットボールのためにしてくれたことすべてにありがとう。安らかに」

 

<了>